メルカリ始めました

こんにちは、ヒラクです。

アメリカではトランプ大統領がコロナ感染とのことで、大騒ぎになっていますね。

CNNが現在の状況を事細かに伝えています。

https://edition.cnn.com/2020/10/04/politics/donald-trump-coronavirus-alternate-reality/index.html

ニュースで見る限り、最悪の事態は脱したようですが、なにせ御年74歳ですからね。

「まさか!」がいともたやすく起きてしまうのがコロナウイルスの怖いところと言えます。

ホワイトハウスで大量感染との報道もあり、予断を許さない状況です。

今夜の海外市場は下げるでしょうか。要注目です。

メルカリ、始めました

さて、セミリタイアして暇なので、メルカリを始めました。

読まなくなった本やDVDを出品したところ、あっという間に買い手がついて少々びっくりしています。

美品であってもチェーン店に出せば二束三文で引き取られそうなのに、それなりのお値段で買ってくださる方には感謝、感謝です。

家には古本やDVDが結構あるので、少しずつ出していくつもりです。

よろしければ見ていってくださるとうれしいです。

https://www.mercari.com/jp/u/695464936/

メルカリを始めて思ったこと

メルカリを始めてまだ1週間ですが、思ったことを列挙します。

・結構たいへん
・配送方法はゆうゆうメルカリ便(ゆうプリタッチ)が便利
・上がりは少ない

結構たいへん

出品からお客さまとのやりとり、商品の梱包から発送まで総じて気を使うことが多く、結構大変です。

商品を扱う仕事の難しさが少しだけわかった気がします。

元々は不要のものとはいえ、お客さまに買って頂いた瞬間にそれは「商品」となります。

梱包しても「これで大丈夫かな?」と不安になったり、商品の取り間違えが発生しないよう細心の注意を払ったりと、気を使います。

私はセミリタイア中なのでいいですが、副業として行っている方は時間の捻出と合わせ、さらに大変なのではと感じました。

配送方法はゆうゆうメルカリ便(ゆうプリタッチ)が便利

メルカリでは、配送方法として郵便局で行う「ゆうゆうメルカリ便」と、ヤマト運輸で行う「らくらくメルカリ便」が選べます。

https://pj.mercari.com/mercari-spot/mercari_school_list.pdf

この中では、郵便局に持ち込む「ゆうゆうメルカリ便」一択と思いました。

なぜなら、郵便局にある専用プリンタ「ゆうプリタッチ」が便利すぎるからです。

発送用の二次元バーコードをプリンタに読ませるだけで裏面シールの送り状が出てくるので、そのまま商品に貼り付けて発送ができます。

これに比較すると、コンビニ発送では「専用端末で受付票を出力」→「レジで送り状を出力」→「商品に貼り付けて発送」の3工程が必要となり、手間がかかるほか、商品取り違いのリスクが大幅に上昇します。

ヤマト運輸に持ち込む方法も今度試してみるつもりです。

上がりは少ない

ここまで言っておいてなんですが、書籍の場合、労力に比較して上がりは少ないです。

800円の商品が売れた場合、メルカリ手数料と送料を引くと500円程度が売上となります。

元値500円以下の商品の場合、ほとんど手元に残らないことになります。

かと言って、値段を上げるとお客さまに買って頂けないので悩みどころです。

私の不用品を他の方に役立ててもらえるこの仕組みは素晴らしいので、お小遣い程度の収入で無理はせず、少しずつ進めていこうと思います。

せどりにも興味があるので、スキルが身につけば儲けものです。

またブログで報告させて頂きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

前の記事

2020年9月の家計簿

次の記事

2020年10月第1週の資産状況