なぜ持ち家でなく賃貸住宅に住むのか(2)

本稿では前回に引き続き、賃貸住宅に住むメリットについて考察します。

と言っても、持ち家のデメリットの逆がそのまま賃貸住宅のメリットとなります。親から相続するとか、事業でひと財産を築いた人とかでない限り、住宅ローンを組まずに家を手に入れられる人は圧倒的少数でしょうから。

住宅ローンを組まないので運用資産が健全化する

賃貸住宅の場合、日々の家賃を払うだけであり負債を持たないため、総資産がほぼ全て純資産となります。

私の総資産は4,000万円を越えていますが、負債はクレジットカードの残高だけで、会社で言うところの自己資本比率(純資産/総資産)はほぼ100%です。さらに、資産の一部を株式で運用しているため、キャピタルゲインとインカムゲインを合わせて享受することができます。

ローンを組まず、倹約に励み、貯蓄を重ね、余剰資産を株式で運用することで総資産が徐々に大きくなっていくことでしょう。その意味で、賃貸住宅に住むことはセミリタイアへの第一歩と言えます。

社会的リスクを回避でき、ライフスタイルの変化に適合しやすい

賃貸住宅が社会的リスクに対し強靭であることは前稿でも述べました。個人の努力ではどうにもならない事態(大規模災害・治安の悪化・過疎化・ご近所トラブル等)が発生した場合、契約を解除して引っ越すことで、損害を最小限にすることができます。

さらに、ライフスタイルの変化に適合可能というメリットがあります。

子供がいないor小さいうちは狭い家に住み、成長に伴い手狭になってきたら広い家に引っ越し、子供が家を出たらまた狭い家に住むといった按配です。都会と田舎の選択、職住近接の実現などで引っ越すことも当然ありうるでしょう。小回りが効くようにしておくことが肝要と考えます。

賃貸住宅のデメリットについて

賃貸住宅のデメリットとして、無職や高齢の場合、契約ができなくなるおそれがあります。セミリタイアを志向する向きにとっては大きなデメリットとなりえます。現在は、無職であっても家賃の前払いにより契約できるUR(都市再生機構)(※)もありますが、まだ広がっていないのが現状です。

(※)https://www.ur-net.go.jp/chintai/rent/requirements/ より抜粋

高齢に際しては、やはりいつかは終の棲家を購入する必要があるでしょう。その際はローンを組まず、夫婦2人で住むのであれば、場所にもよりますが2,000万円程度あればそれなりの家が見つかるに違いありません。

まとめ

まとめると、持ち家でなく賃貸住宅に住む理由は以下のようになります。

住宅ローンを組まず、賃貸住宅に住むことで、負債を持たない生活をする。倹約と貯蓄に励み、余剰金を運用し、資産全体を育てていく。ライフスタイルの実現のために適宜住み替える。数十年後、夫婦で余生を過ごす場所をキャッシュで購入する。

ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA